自然葬という新しい埋葬
バナー

自然葬という新しい埋葬

そろそろ終活を考えなければいけない年齢なので、お墓の用意をしようと思ったら予想より高額なので驚いたという人もいるでしょう。利便性のよい墓地はどうしても高額になります。

また墓地の他に墓石を用意する必要があるので負担が重くなります。


あるいは、子どもがいないので亡くなった後お墓を守ってくれる人がいなくて不安だという人もいるかもしれません。
この場合は永代供養墓を選べば安心です。

教えて!gooに関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

お墓という形式にこだわらずに埋葬されたいと考えている人には自然葬がおすすめです。
自然葬は最近増えてきている埋葬方法で従来の形式にとらわれたくない人達に強く支持されています。
自然葬にはいくつか種類があります。

樹木葬は木のそばにお骨を埋める埋葬方法です。

権利を購入する必要はありますが、墓地よりはリーズナブルな価格で済ませることができます。どこに埋葬されているのか分かるので、残された家族や友人がお墓参りをすることも可能です。



樹木葬は墓地の中心に大きな木を1本植える方法や、新しく埋葬するたびに木を植えていく方法などがあります。

自分が良いと思う方法を選択しましょう。

また、散骨という埋葬方法もあります。
散骨を選択した場合は一般に海にお骨を撒くことになります。



墓石は必要ありませんし、埋葬後の供養を心配しなくてもよいのがメリットです。

料金もリーズナブルで5万円台から受け付けている業者があります。

興味のある人はインターネットで検索してみましょう。