バナー

時代の変化に伴い多様化する自然葬

多くの人に認知されつつある自然葬には、いくつかの種類があります。
自然葬の中でもよく知られているのが樹木葬と海洋葬です。


樹木葬は遺骨を埋葬した上やその周辺に墓標となる木を植えるという方法です。自然に優しく、景観を損なわないという理由からこの方法を選ぶ人が増えています。

海洋葬は細かく砕いた遺骨を海に撒くという方法です。

昔に比べて認知度も上がり周囲の人に理解してもらえるようになったので、遺骨を撒ける場所も増えつつあります。

しかし、他の方法に比べてルールやマナーが多い為、この方法で故人を送る際には十分に注意しなければなりません。

樹木葬や海洋葬以外にも自然葬に含まれるものはたくさんあります。



モンブラン葬という方法は、アルプスの山の一つであるモンブランという山に遺骨を撒くというものです。



近年は登山ブームでもあり、最期は大好きな山に遺骨を撒いてほしいと生前に要望する人も増えています。しかし、モンブラン葬は費用が高く、遺族があまり参加できないというデメリットもある為、日本ではまだあまり知られてはいません。

日本の山にも遺骨を撒いても良いと許可されている場所もあるので、事前にどのような場所があるのか調べておきましょう。

日本以外では鳥葬や風葬という方法で故人を送りだしている地域もあります。時代の変化に伴って、故人を送りだす方法も多様化してきています。

故人の思いを受け止めて、より良い形で送り出してあげるように、遺族は心がけなくてはなりません。

Girls Channelの初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。