自然葬を考えている人の気持ち
バナー

自然葬を考えている人の気持ち

自然葬は、21世紀に入ってから広まってきています。
火葬とか土葬という長い歴史が日本を始め各国で実施されていましたが、亡くなると土に還るということを根本にしたのが自然葬という考えに発展したと言われています。

教えて!goo情報をお伝えします。

大切なことは、故人が生前、どのような葬式を望んていたかということです。



特にこだわったというのがなければ、海に山に川に野原に葬ることもあります。
空気を汚さないためにとか、少しでも環境を守り、子孫に幸せになってほしいという願いを込めてこのような自然葬が出てきたと言えます。
さらに、樹木葬も増えてきました。

ペット霊園もたくさん作られるような時代になり、人々は多種多様な価値観を持つようになりました。


このことは、良いアイデアを生む基になったり、科学や技術の開発につながったりと人類の知恵がますます発達してくることにつながります。

自然葬がこれからももっと増えてくる要因の一つとして、環境保護が挙げられます。



ごみが増えてごみの処理に困ると、いかにごみを減らすかを考えます。


その意味では、火葬をしてお墓に骨を入れてどんどんお墓が増えるよりも、限られた空間の中で自然に還ることを優先させた方法を考えるようになれば、人間も動植物も安心して生活ができます。
2つ目には、亡くなって形が消えてしまっても、人の心である魂そのものが永遠に残るということで土に還るというやり方が最も自然な方法であると考えられることです。

このように、世界的な規模で自然葬が増えていくことが今注目されています。