バナー

永代供養墓はこんな人に向いている

いまあるお墓のうち4割を超える割合で地方では墓守が途絶えたり引き取り手のないお墓になっているというデータがあります。

そのため、墓じまいという言葉も聞かれるようになりました。


墓じまいするということは、必ずお墓の改葬をしなければならず、その改葬先として最適なのが永代供養墓です。


永代供養墓はあらゆる人のニーズに答えることができます。



なかでも、お墓を継ぐ人がいない場合や身寄りが遠くに住んでいる場合、自分の死後にお墓のことで身内に負担をかけたくない場合、身寄りや縁者はいるけれど頼みづらい場合などは永代供養墓を考えてみても損はありません。



また、単身生活をしているので自分ひとりだけのお墓を求めている人やあまりお金をかけたくない、あるいはかけられない人も有効手段です。

NAVERまとめ関しての情報探しを行うならネットが便利です。

そして、ほかに引き取り手がいない縁者の骨を抱えていたり、人には迷惑をかけないように生前に自分の納骨先を考えておきたい人にも適しています。

そのほか、お墓を守っていくことが金銭的負担になって困っている人や、檀家であることを負担に感じている人あるいは檀家にはなりたくない人など金銭的な負担の心配や檀家にたいしていろいろと思うところがある人にも適しています。
いずれにしても、すべての現代人がお墓のことを考えるときに永代供養墓は注目のお墓となっており、お寺以外にも民営墓地でも最近は取り扱いが増えてきていますが合同法要がある場合でも行事であって通常の供養とは違うのでその辺りも考慮しながら選んでいくことが大事です。