バナー

永代供養と言っても思っている物と違うこともあります

最近は永代供養を望む人が増えてきており、年々その需要は高まってきます。

永代供養の一番のメリットは、その管理のしやすさです。

通常の墓地でお墓を建てる場合、その維持管理はそれぞれの親族や家族によって行われなければなりません。

しかし永代供養の場合、その維持管理はお寺によって行われます。

埼玉の墓じまいの情報を求める人におすすめのサイトです。

また法要の際には、そのお寺が責任をもって行うので、安心してすべてを任せることが出来ます。

自分の死後、そのお墓がどうなってしまうのかというのは本人には分かりません。
家族によって管理されていなければ、放置されてしまったり、知らない間に撤去されてしまうこともあります。

しかし永代供養ならばお寺が責任をもって管理を行うため、そのような心配はありません。

またお墓参りをする人が来ても、しっかりと管理されているので、安心してすべてを任せておくことが出来ます。

また永代供養と言ってもその定義が微妙に異なってくることが多いです。もともと仏教で行われていた供養方法ではなく、戦後になって本格的に登場してきた方法であるため、明確な定義がありません。



また、宗教に関係なく受け入れてくれるところもあるため、簡単に説明してしまうことも難しいです。


もし親族や子供に迷惑をかけたくない、お墓なんていらない、お墓を受け継ぎ守って行く人がいなくて困っているという人は、一度お寺の住職に連絡して相談してみはどうでしょうか。

何かいい方法を提案してくれるはずです。

BIGLOBEニュース情報選びを親身になってアドバイスいたします。